FC2ブログ

オジサン鍼灸師のプロジェクトX

医療業が考える思いを日々の出来事や毎日の施術で感じた事等を書いていきます

夏の食欲不振

夏は水分摂取量が増えます。

そうすると体内の塩分濃度が下がり、浸透圧の関係で体内に余分な水分が滞留します。

それが原因で消化機能が低下し、食欲不振になり、体力が消耗してしまいます。


暑さによる体力消耗を抑えるためには、まず食べる事が大事
暑い時は、簡単に食べられる麺類に走りがちの方が多いと思いますが、出来るだけ一緒にたんぱく質も
摂取するように心がけて下さい。

食べられる体を維持するには、塩分を適度に摂取し消化機能を低下させない事が必要です。

利尿効果があるスイカや枝豆に塩をかけて食べる!

効果的ですね


旬の食材には自然の摂理あり


別窓 | 健康 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| オジサン鍼灸師のプロジェクトX | NEXT